今日、工場ではノンアルコールワイン(ぶどうジュース)のビン詰めをしました。 これは昨年受け入れした果汁を詰めた一斗缶の底にあったもので、ぶどう果汁に含まれる酸が結晶となり酒石になった物です。 果汁を受け入れして、すぐビンに詰めたらビン底に澱と酒石がびっちり溜まるので、一度一斗缶に詰めて澱をラッキングさせ、3ヶ月寝かせてから上澄みだけを抜き取り加熱、ビン詰めします。 この酒石はまだ小さい方で大きいのは7〜8センチ程になります。決してバフンウニではありません。あしからず。